ご予約

雨庵 金沢

雨と旅

雨と旅

雨に濡れる緑が美しい。
兼六園だけではない金沢の日本庭園。

金沢の庭園といえば日本三名園のひとつに数えられる兼六園が有名ですが、
実は他にも素晴らしい日本庭園がこの街にはあるんです。
小雨が降る日、あるいは雨が上がった後、金沢の庭園巡りをしてみるのはどうでしょうか。
しっとりと雨に濡れることで木々の緑がより深くなり、
晴れた日とはまた異なる趣きを持った庭園の姿を見ることができますよ。

金沢の庭園1

玉泉院丸庭園

玉泉院丸庭園
加賀藩三代目藩主・前田利常による作庭から廃藩まで、歴代藩主に愛された庭園が平成27年に再現されました。5年間におよぶ発掘調査や江戸時代末期の詳細な絵図等をもとに再現されたこの池泉回遊式の庭園は、池底から石垣最上段までの高低差が22mもある立体的な構造が特徴で、眺める場所によってさまざまな表情を楽しむことができます。週末の夜にはライトアップも開催されており、季節毎の特別演出などもありますので、ぜひホームページでスケジュールをチェックしてみてください。
玉泉院丸庭園(金沢城公園内) 〒920-0937 石川県金沢市丸の内1番1号
開園時間3月1日〜10月15日 7:00〜18:00
10月16日〜2月末日 8:00〜17:00
休園日年中無休
入園料無料
URLhttp://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/gyokusen-in/

玉泉院丸庭園

金沢の庭園2

武家屋敷跡 野村家

武家屋敷跡 野村家
「武家屋敷跡 野村家」では、天正11年(1583)年に前田利家が金沢城に入城して以来、11代にわたって奉行職を歴任してきた野村家の屋敷跡に北前船の豪商の屋敷を一部移築して公開されています。総檜造りの格天井やギヤマン入りの障子戸など建築的な価値に目を見張るのはもちろん、濡れ縁のすぐ下にせまる曲水など、屋敷と見事に調和した庭園も必見。樹齢400年の山桃や椎の古木、名石、奇石で彩られた庭園は、過去に米国の庭園専門誌で日本庭園ランキング第3位に選ばれるなど高い評価を受けています。
武家屋敷跡 野村家 〒920-0865 石川県金沢市長町1丁目3番32号 
TEL:076-221-3553
開館時間4月から9月まで 8時30分〜17時30分(入館は17時まで)
10月から3月まで 8時30分〜16時30分(入館は16時まで)
休館日12月26日、27日
入館料大人 550円、高校生400円、小中生250円、団体割引50円引き(20名以上)
URLhttp://www.nomurake.com/

武家屋敷跡 野村家

金沢の庭園3

尾山神社庭園

尾山神社庭園
神社にも関わらず西洋風のステンドグラスがはめ込まれた神門が目をひくため、その写真が取り上げられることの多い尾山神社。実は、こちらの神社にも美しい庭園があるんです。尾山神社が建てられた明治6年(1873)以前、この場所には加賀藩主の別邸金谷御殿があり、現在の庭園は神社の創立前に作庭されたと言われています。庭園は、雅楽の楽器を模してつくられているので、琴や笙、琵琶などの形がどこに隠されているか探してみるのも楽しいかもしれません。
尾山神社 〒920-0918 石川県金沢市尾山町11-1 
TEL:076-231-7210
営業時間9時〜17時(授与所)、境内見学は24時間可
定休日年中無休
URLhttp://www.oyama-jinja.or.jp/

尾山神社庭園

※画像はすべてイメージです。

TOP

部屋から選ぶ

予約確認/キャンセル